森林セラピーロード

 

森林セラピー基地として沖縄県で唯一認定された国頭村、大自然の恩恵を受けながら歩く森林セラピーロード(与那覇岳登山道、比地大滝遊歩道、森林公園遊歩道、ネイチャートレイル)は心と身体にやすらぎと癒しを与えてくれます。

 

与那覇岳登山道

沖縄本島最高峰である与那覇岳(503m)の登山道コースであり、入口に足を踏み入れた瞬間からヒカゲヘゴの高木が出迎え、亜熱帯林特有の雰囲気を感じることができます。森に包まれるその感覚は、自然の恩恵を心と身体で受けていることを実感することでしょう。また、先人達の山での生活跡も残っており、自然と人間との深い結びつきを感じることができます。

比地大滝遊歩道

せせらぎが絶え間なく聞こえる渓流沿いを、木々に囲まれた遊歩道が通り、清涼感とともに癒しの時間を過ごすには最高の場所です。マイナスイオンのシャワーを浴びながら歩く亜熱帯の森はリラックス効果も抜群です。

国頭村森林公園

遊歩道はイタジイを代表種に木々に囲まれ、野鳥のさえずりや四季折々の樹木や植物を観察し楽しむことが出来ます。バンガローや樹上ハウスといった簡易的な宿泊施設もあり、時間の移ろいを感じながら、ゆっくりと思う存分に国頭の森を満喫できます。

安波ネーチャートレイル

日本で有数の質を誇ると言われるネーチャートレイル。貴重な動植物に出会える可能性もあり、やんばるの森の魅力を存分に感じながら散策できます。トレイルにはテラスやデッキが設けられており、個々のペースでゆっくりと癒しの空間と時間を感じることができます。また、ガイドも常駐していて共に歩けば森の魅力は何倍にも膨らむはずです。

ツアーの様子 講座の様子

森林セラピーとは、森が持っている癒し効果を活かして私達が本来持っている「こころ」と「からだ」の元気を取り戻そうという取り組みです。
森が私たちの心身を癒してくれることは古くから知られ、森林浴として親しまれてきました。森林セラピーでは、この癒し効果を産官学連携で研究するとともに、林野庁をはじめ医学者・生物学者・芸術家・作家・登山家など各界の専門家がそれぞれ森の癒し効果を検証し、優れた森だけを厳選して森林セラピー基地として認定しています。国頭村もこの森林セラピーに参加し、国頭村の森のもつ癒し効果について分析を行ないました。その結果、高い効果が認められ、平成19年3月に森林セラピー基地に認定されました。

■フィトンチッド効果

森の中で植物が発散している森の香り”フィトンチッド”という物質があります。身体に良い影響を与えることが研究により明らかになってきていて、国頭の森でもその成分が検出されました。

 

■マイナスイオン効果

森の中の渓流や滝などの水辺の空気には癒し効果があるマイナスイオンが満ちています。比地大滝に代表される滝つぼや、渓流沿いの歩道、沢の近くでマイナスイオンのシャワーを浴びてリラックスしましょう。

 

■酸素セラピー効果

森の空気には、植物の呼吸で生み出された新しい酸素が多く含まれています。豊かな生態系を育む国頭の森で、野鳥のさえずりを聴きながら過ごす時間はきっと格別です。

 

■アロマテラピー効果

木々や植物の香りを森の空気と一緒に感じてみましょう。きっと心も穏やかになれるはずですよ。

 

■ウォーキングによる身体と個々との健康効果

ウォーキングは優れた有酸素運動です。癒し効果いっぱいの国頭村の森は健康増進で歩くにも最適の場所です。亜熱帯の森を五感で感じることができれば、さらに高い効果が得られるでしょう。

 

TEL 0980-41-2101 FAX 0980-41-5910 
国頭村森林セラピー推進協議会 事務局:国頭村役場経済課